毛ガニを通販で買うときの注意点とおすすめ毛ガニ商品を紹介

「いろんなカニを食べ比べたら、最終的に毛ガニにたどり着いた。」なんて語る、こだわりを持ったグルメの方は大勢いらっしゃいます。

確かに毛ガニのカニミソは越前蟹と比べても引けを取らないコク、濃厚さが自慢。まさに食通好みだと思います。ただ、足のトゲが手に刺さって食べにくいのが難点です。

北海道といえばコレ。全身を覆う毛とトゲトゲが特徴、前二種と比べて小さいながらも、余すところなくボリュームたっぷりな毛ガニです。

爪部分は硬くて食べにくいですが、脚部や脚の付け根には溢れんばかりの身が詰まっており、自分でハサミを使って解体しながら食べていくのが楽しいです。カニミソは恐らく最も美味でしょう。

サイズは1人1杯、もしくは2人で1杯が丁度いいくらいのお手軽サイズです。

ちなみに食用として捕獲されているのは全てオスです。近縁種にはクリガニとトゲグリガニというのがいるそうですが、若干味が劣るそうです。私は見たことが無いです。

毛ガニの選び方

毛ガニは簡単です。甲羅がずんぐりむっくり、丸々として大きなヤツを選んでください。

あとはタグが付いているのも重要です。

タグは商品の品質を証明する上で重要です。

品質が悪いと何処のカニかバレちゃいますからね。

毛ガニは姿の状態で売られるのが殆どのため、タグがちゃんとついている場合が多いです。

あとは……そうですね、毛ガニの命は何といってもミソですので、品質以上に解凍方法が味を左右させることがあります。

折角の毛ガニのカニ味噌が、間違った解凍方法で全て流れ出てしまったら悲しいですよね。

簡単に言うと「甲羅を下にして」「新聞紙で優しく包み」「冷蔵庫に入れ」「定期的に溶け出す水グレースを捨てながら」二晩くらいかけて溶かすのが理想です。

毛ガニに限らず、冷凍カニは冷蔵庫で新聞紙に包んでじっくり解凍するのが理想です。

常温解凍は妥協案。

温風解凍は最終手段。

流水解凍?レンチン?煮沸?ギルティですね。

干した洗濯物を泥水に漬けるようなものです。

 

毛ガニ(オオクリガニ)
毛ガニはズワイガニやタラバガニと比べると足が短く、体が毛に覆われているこぶりなカニ</span>です。甲羅の長さがオスが15cm、メスが12cmとオスの方がやや大きいですが、カニの中では小さいです。
クリガニ科に分類され、「オオクリガニ」とも呼ばれています。日本では北海道が主な産地です。1年を通して漁獲されていますが、近年数が減ってきているためメスの漁獲を禁止したり、甲羅の長さが8センチ以下は漁獲しないなど厳しい取り決めがあります。
体が小さいので、ズワイガニやタラバガニのように身を楽しむには量が少ないのですが、カニ味噌が美味しいのが特徴です。
とろりと濃厚で甘みとコクがあり、ズワイのカニ味噌が苦手な人も「毛ガニのカニ味噌なら好き」とファンになるほど。
毛ガニはむき身ではなく(※むきみちゃん売ってないです…)、まるごと楽しむのがオススメ。特に、甲羅にカニ味噌とカニの身を少し混ぜて和えるとカニの風味と甘味が口の中でふわっと広がって至福のときを過ごせます!お酒好きの方なら、カニ味噌とお酒を甲羅にいれて甲羅酒も良いですね。

毛ガニ
カニが日常的な北海道の人が一番好きなのが毛ガニです!オトナが集まってお酒とカニを楽しむときは味噌がたっぷり詰まった毛ガニは必須です。
ある程度数がないと満足できないので、まとめて10枚くらいドーンと入ったものがオススメです!

 

特徴
身体中に短い毛がびっしり生えている「毛ガニ」は、丸っこくコロンと可愛い形をしています。甘くて旨みたっぷりの身は、シンプルに塩ゆでや蒸して食べるとその美味しさが引き立ちます。
毛ガニの魅力はなんといってもカニ味噌が美味しいこと。中に詰まっている味噌の量は、身体の大きさに関係なくほぼ変わらないので、味噌をメインで楽しみたい人は、小さめのカニを選ぶようにするとお得です。
カニの身はもちろん、カニ味噌もおいしい毛ガニは、まるごと楽しむことができます。

値段の相場
毛ガニの相場は1kgで5,000円〜6,000円程度です。

サイズ
毛ガニの一匹の重さは、約400~600gが一般的です。
カニ味噌を楽しむなら400g程度のものを選び、身も楽しみたいならば大きめの600g程度のものを購入しましょう。
一匹で大人1〜2人分が目安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です