蟹(カニ)通販で優良店の見分け方

かにの重量表記に注意!
かにはだいたい1キロで何円とか、3キロで何円って感じでキロ数あたりの価格で販売されています。
また、カニの通販の場合、茹でた後で急速冷凍して送ってくるお店が大半です。

しかし、カニというのは茹でると重さが2~3割ほど減少します。

なので、カニの重量表記はどの状態の重さを言っているのかが超重要です。

茹でる前の状態で1キロ!っていっても茹でると700g~800gくらいになってしまうので、実際に届いた蟹が思っていたより小さい!ということになりがちです。

必ず、重量表記は茹でた後の重さだと明記しているお店で買うようにしましょう。

冷凍用の氷の膜(グレース)の重さに注意!
かには茹でた後、冷凍する際にグレースと言われる薄い氷の膜でコーティングされます。
こうすることでうま味が逃げずに風味を保つことができます。
ただし、薄い膜とはいえ、氷が蟹全体を包むことになるので、それなりの重さになります。

お店によっては、このグレースの重さを含んだ重量を表記していたり、明記されていなかったりするので、しっかりとグレースを含まない重量表記をしているお店で買う方が安心です。

小さい蟹を複数杯より、大きい蟹を1杯の方が量が多いし美味しい!
蟹は脱皮を繰り返して大きくなっていきます。
まだ小さいかにを若蟹、脱皮を繰り返して大きくなったかにを堅蟹と言います。

一般的に、若蟹よりも堅蟹の方が身入れがよく、味も美味しいです。
また、蟹には甲羅や爪、足先、殻など食べられない部位も多いため、複数杯になるとこれらの食べられない部位の割合が増えて、食べられる身の量が少なくなります。

ですので、1キロの若蟹が3杯入って3キロの商品よりも、3キロの堅蟹が1杯で3キロの商品の方を選ぶ方がいいです。

オス・メスの違いを知っておこう!
蟹にも当然、オスとメスがあり、それぞれ特徴が違います。
一般的に、蟹の身はオスの方がおいしいです、メスは卵があるため卵に栄養を持っていけれて身のおいしさが減ってしまうようです。
蟹自体の大きさもオスの方が大きいです。

ズワイガニ・タラバガニなどを買うときにはオスを選んだ方がおいしい蟹を味わうことができます。
また産卵期にはメスは卵を持っているので、卵が好きという方はメスを選ぶ方も多いようです。

以上のことから、メスは価格が安いので、よく、訳ありガニなどで激安のカニとして売られているものはメスが多いようです。

ちなみに毛ガニのメスは保護のために禁漁となっているので、基本的に市場に出回っているものはすべてオスとなっています。

優良かに通販ショップの選び方
上記に挙げたようなかに通販で陥りやすいトラブルに対してきちんと対策・説明をされているお店が優良店といっていいと思います。

重量表記は、ボイル前かボイル後か明記されている、生状態の場合の重量表記だったとしても目減りすることが明記されている。
重量にグレースが含むかどうか明記されている。
オス・メスのどちらか明記されている。
などですね。

また、リピーターが多く、お客様の声が充実しているというのも重要なポイントです。
かに通販は実際にモノが届いて食べてみるまでその商品が良かったのか失敗だったのか分からないので、お店の人の言うことや書いてあることを信用して買うしかありません。

なので、一度買ってみて満足したらわざわざまた信用できるかどうか分からない新しいお店で買おうとしないで、また同じお店で買うようになります。
悪かったらもう二度とそのお店は利用しないだけです。

僕自身、毎年、かに通販で買うお店は一緒です。

僕が、毎年、年末年始用にかにを買っているお店は『かにまみれ』です。
毎年、大満足なので、とりあえずこここで買っておけば問題ないんじゃないかなと思います。

ただし、かみまみれは全品訳なしをウリにしていて、訳ありの激安かになどの販売はしておらず、お値段がけっこう高めです。
多少、高くてもおいしいカニが食べたい!という方にはかにまみれはオススメです。

活・生・茹で、チルド冷蔵・冷凍などかに通販はどの状態で買うのがいいの?
かに通販には、

活(生きている状態)のチルド冷蔵便
茹でた状態のチルド冷蔵便
生(茹でていない状態)の冷凍便
茹でた状態の冷凍便

の4種類があります。

もちろん、活かにが、一番新鮮なのですが、それだけにおいしくいただくには一番難しいと言えます。
というのも、いくら生きているといっても、チルド冷蔵便で届くまでに最低でも1日は経過しますし、かににとっては厳しい環境でストレスもたまり、息も絶え絶えになってしまう可能性もあります。
また、蟹をおいしく茹でるのはなかなか難しく、大きい鍋で塩加減や湯加減、茹で時間などにもコツが必要です。

届いたその日に食べないとすぐに傷んでしまいます。
ただし、水揚げ量や在庫状況によって変わってくるので、確実な配送日の指定などは受けていない店が多いです。
なので、いつ届くか分からないけど、届いたらその日のうちに食べないといけない。というなかなか厳しいことになります。
(○日~○日の間とか、何曜日に、とかのアバウトな指定になります。)

また、あまり良くないお店だったりすると、蟹にとっては厳しい環境(水質の悪い水槽に詰め込まれて、エサも十分に与えられない状態)で、とりあえず生かされている蟹を活ガニとして販売しているお店もあります。
こういう場合、蟹には大きなストレスがたまり、身が細くなってしまい、かにうま味成分であるアミノ酸も減ってしまうので、身入れのよくない美味しくない蟹になってしまいます。

ですので、活ガニを楽しみたい!という場合、

いつ届いてもその日のうちに食べられる。
蟹の調理にある程度慣れており、美味しく茹でたり、調理する技術を持っている。
水温や水質などがしっかり管理された生け簀で保管されているお店で買う。

以上3点の条件を満たしているなら、新鮮で美味しい活ガニを食べることができると思います。

また、美味しく茹でる自信がないという場合は、活ガニの朝茹で便を買うのもいいです。
プロがその日に生け簀から取り出した活ガニを美味しくゆであげてから、冷蔵便で送ってくれます。

冷凍は、鮮度という面では活かにには劣りますが、高い技術で一気に急速冷凍してうま味が逃げないようにされているので、上手に解凍すれば簡単に美味しい蟹を食べることができます。
また、配達日の指定もできるので、年末年始用の蟹を予約しておくにも冷凍は便利です。

 

カニがおいしい季節になりますよね。
涼しくなってきたのでお味噌汁に入れたり、茹でたかにをマヨネーズをつけて頂いたり、カニがお好きな方には良い季節になりました。
ところで、カニの失敗しないお店選びって、どうしたらよいのでしょうか。
もちろん、モノを見て買うというのが一番良いのですが、ネット販売が主流で安く買えるとなると、皆さんもネットで購入される方が多いことでしょう。
ネット通販で、失敗しないコツについて書いてみましょう。
1.歴史があって、カニを専門に扱っている業者を選ぶこと。
どんなものを購入する際でもいえることですが、いろんなものを扱っているお店で
買うよりも、そのものを専門に扱っているお店で購入した方が良いものが買えると
いうことなのです。
2.不良品の返品、返金に応じてくれるお店を選ぶこと。
公式サイトに、返金、返品等について書かれている業者を選ぶこと。
これらの情報が書かれていることで、品質の確
かなものを提供している業者ということが言えます。
3.店長の顔や実店舗の写真が掲載されている安心できる業者を選びましょう。
品質の保証できる業者であるから、写真やお店の情報を提供できるのです。
やましいことをしている業者は、連絡がつきにくいように、このような情報は
開示しません。最近はやりの、お金を振り込んだものの商品が届かないという
ことの無いように、これらのことはきちんと調べてから購入したいものです。
ホームページの作りや、口コミ、メディアの履歴は当てになりません。
まずは、これらの3点を注意しながら、あとは予算や送料なども視野に入れながら、お店を選ばれるとよいでしょう。

 

通販でカニを販売する業者を探してみると、実に多くの通販業者があります。販売するカニの種類や、量や価格もそれぞれ違います。
そして、実際に通販を利用する際に、
通販を利用するときに注意することは何?
沢山あるカニの中から、どうやって選んだらいいの?
信用できる通販業者はどこ?
このような疑問を持たれる方は多いのではないでしょうか。確かに通販は上手に利用すれば、とても便利な購入方法です。
しかし、数多くある通販店の中には、粗悪品を販売したり、同じカニを高い金額で販売する店もあります。そのような業者を選んでせっかくのカニを台無しにしないためにも、通販でカニを購入する前に知っておくべき役立つ情報を紹介します。
通販の注意点
写真に注意
通販では、実際に手にとってカニを見ることができません。そのため、写真で判断することになるのですが、掲載されている写真を見分けることで、粗悪品を購入してしまうリスクを軽減することができます。
ポイントは、
参考写真かどうか
梱包した状態の写真
の2つ。
業者さんはどの種類の蟹かをわかりやすく伝えるため、綺麗な素材画像をつかっている場合があります。これを実際の写真と勘違いして購入してしまうと、届いたときに「あれ?写真と違う・・」ということに。
写真を参考にする場合は、「実際の写真」かどうかを判断することが大切です。
また、実際の写真が梱包した状態の物なら、「どのように届くのか」や「どれくらいのサイズ」かが直感的に分かりますので、とても参考になります。
写真の注意点について、詳しく
悪質業者に注意
どのような通販にも悪質な業者は存在し、カニも例外ではありません。
カニは高価な食材ですので、そこにつけ込み質の悪いカニを優良なカニに見せかけるなどして販売し、高い利益を得ているのです。
届いた蟹が、中身がスカスカの粗悪品だったとしたら、とても悲しいですよね。
悪質業者に引っかからないためにも、どのような手口があるのかを知っておきましょう。
主な手口は、
重量増し
冷凍期間の水増し
蟹の偽装
などです。
甲羅から水を入れてから凍らせて重量を誤魔化したり、何年も前のカニを冷凍期間1年以内と偽ったり、似ている安価な蟹を本物のカニと偽って販売する手口です。
近年は、蟹のトラブルのニュースが多く、悪徳業者もバレないように注意深くなっていますので、あまり大胆な手口は使われなくなっていますが、それでも騙される人は毎年たくさんいますので、信用できる通販業者選びを心がけて下さいね。
悪質業者について、詳しく
配達予定日に注意
カニの通販で最も多いのが配達日のトラブルです。
混雑が想定できる時期は、配達予定日よりも遅れてしまうことがありますので、どうしても予定日までにお届けしてほしい場合は、早めの注文が大切です。
12月は1年の中で一番ピークの時期
年末年始は特に混雑する
配達していない期間がある場合も
などを予め知っておくことで、頼んだのに予定日に届かないなどのトラブルを回避できます。
配達予定日について、詳しく
在庫切れにも注意しよう!
通販業者の在庫には限りがあります。
大手になると大量に入荷して冷凍保存していますが、それでも毎年在庫切れが起こる人気商品があります。「いつ蟹を食べるか」「いつ送るか」が前もって決まっている場合には、早めに注文して自宅の冷凍庫で保存しておくのが安心ですね。
選び方のポイント
訳あり蟹を上手に利用
わけあり蟹は、味は通常のカニと変わらず価格が安いので、上手に利用すればとてもお買い得です。カニの見た目は気にせず、味を重視する方にオススメです。
カニの相場・価格
カニは種類や捕れる時期、水揚げ量で価格の相場が変わってきます。希少価値が高く、価格が一定のカニもあれば、捕獲量によって価格が安くなるカニもあります。カニの価格と、おおよその相場を紹介します。
口コミの評判も参考にしよう
通販業者の対応や、梱包、味などは、実際に購入した方の意見が最も参考になります。満足した口コミが多いと、安心して注文できますので、迷った時は実際に購入した方のクチコミも参考にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です