美白
Home » 離乳食の基礎知識

離乳食後期(9~11カ月頃)

2010年8月29日 日曜日 1,420 views はてなにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク数

離乳食後期のカミカミ期では、歯ぐきでつぶして食べる練習をします。

バナナくらいの固さの離乳食を作りましょう。

この頃になると、自我が芽生え始めるので、食べ物を手でぐちゃぐちゃにしてつかんだり、スプーンを持ちたがったりします。

自分で食べたいという意欲は、離乳食を進めていく上でも、これからの食生活においてもとても重要です。
見るに見かねるときもあります(ありまくり)が、大切に育ててあげましょう。

かむ練習

離乳食後期になって、急に固いものを与えると、かめないために丸飲みの習慣がついてしまいます。
逆にやわらか過ぎても、かむ必要がないため丸飲みしてしまいます。

固めのメニューとやわらかめのメニューを組み合わせて、じょじょに固めのメニューにしていきましょう。

離乳食の栄養バランス

離乳食の後期になると、1日に必要な栄養の半分以上を離乳食から摂取することになります。
今まで以上に、栄養バランスに気を配りましょう。

1日3回食になり、食べられる食品の種類も増えるので、色々な食品から栄養をとるようにしましょう。

離乳食をあげる時間

1日3回食にします。
楽しく食事ができるような環境を整え、自発性や自立性を育てることが大切です。

無利息